teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 6月27日(月)00時08分53秒
返信・引用 編集済
  【神職/シンショク】
久瀬村の隣村で、神社の管理や祭儀を取り仕切る役目を持っている者のこと。
現在この村の神職は全て同じ家系の者たちで占められている。
普段はお告げを聞いたり神社での社務をこなしているが、今回の事態においては各々が持つ能力を使用して妖怪に立ち向かう。

神職勢の能力は属性でいえば"光"属性に当たる。
武器は個人によって違うが、弓矢や札、鏡、神通力等。
どちらかというと、霊能力よりも物理的な攻撃を得意とする。


【陰陽師/オンミョウジ】
現代には珍しい陰陽師の血を引く一族。先祖は大昔に妖怪と争った経験がある陰陽師だという。
神職と同じく久瀬村の隣村に住んでおり、陰陽道によって物事の吉凶を占っている。
最近は祭事において祈祷や占術を行うことも多く、その類の仕事を一切任されてきた神職の一族からは邪険にされているという。

陰陽師勢の能力は"闇"属性に当たる。
武器は札、式神、占術を利用した力や呪術等。
どちらかというと、物理的な攻撃より占術や呪術の能力を使った戦い方を得意とする。

 
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 6月26日(日)23時20分24秒
返信・引用 編集済
  【妖怪/ヨウカイ】
久瀬村に「存在」している妖怪、妖魔の総称。
それぞれ、何らかの不思議な能力を持っている(攻撃能力だけとは限らない)。
今回、怪異を起こしている黒幕であり、日が沈むと村に下りてきて、憑人と共に悪事を働く。
神職・陰陽師勢を嫌悪しており、彼らのいる寺や神社などの神聖な場所に立ち入ることは基本的にはできない。

昼間は存分に力を奮えず、多くの人間に本来の姿を見られることはあまり好ましくないため、人里に下りてくるときは人間の姿に化けているらしい。



【憑人/ツキビト】
妖怪に取り憑かれ、体を乗っ取られた状態の人間を指す。
憑人は妖怪の存在を信じ受け入れている人間がなりやすく、逆に信じておらず恐れてもいないという場合、あまり取り憑かれない。
憑人には、以下の三つの状態がある。

・第一段階…人間の体と妖怪の体がまだ完全に同一化しておらず、体はまだ普通の人間の状態を保っている。自分に取り憑いている妖怪の持つ能力を自在に使うことが出来る。

・第二段階…体の一部が妖怪の姿になる(例えば狐の妖怪だったら、耳と尻尾が生えたりする)。
第一段階よりは力の強さが増し、自分の意思に関係無く妖怪に精神を支配されることもしばしば。

・第三段階…体の大半は取り憑いている妖怪と同じ姿になり、奇形と言っても過言ではない姿になるものが殆ど。自我を失い狂ったような状態になる者と、完全に妖怪に精神を支配された状態になる者とに分かれる。
前二段階とは比べ物にならないほどの強さだが、力を制御することが難しく、戦った後は肉体に使った力の分だけ負担がかかる。


強さでは第一段階<第二段階<第三段階、
人間に戻れる確立の高さでは第三段階<第二段階<第一段階となる。

第三段階になると、肉体も精神も大半は妖怪が支配している。そのため、誰かに始末される前にと妖怪が取り憑いている肉体の命を奪ってしまうということも在り得る。
中には一度憑人になっても元の人間に戻れる者もいるが、それは憑いている妖怪を強く拒絶するほどの強い精神力が無ければ難しい。
因みに、憑人の肉体か妖怪本体が力尽きれば、両者諸共消滅してしまう。

即ち憑人を妖怪から救う手段は、
憑かれている本人が自力で妖怪から逃れるか、妖怪ごと人間を葬るしかないということになる。

ちなみに妖怪と同じく昼間は思うように活動できず、第二、第三段階の者は人前にその姿を晒そうとはせず、人里に下りてくることは無い。
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 6月26日(日)17時24分58秒
返信・引用
  【久瀬村/クゼムラ】
とある県のとある山間部に存在する古い村。
未だ昭和時代のような雰囲気を残す長閑な村だが、戦国時代の辺りから現在まで、数多くの「妖怪」の伝説や言い伝えが残されている(人間にとって害であったりそうでなかったりと、まちまちだが)。

村人の中にも実際「妖怪」を見たという者が多く、この久瀬村では「妖怪」はシンボルのようなものになっている。
勿論、村人の中には「妖怪」を信仰の対象として見ている者もいれば、
恐ろしい存在として畏怖の念を抱く者もいたりと、捉え方は様々である。




【怪異/カイイ】
最近久瀬村で起こっている様々な怪奇現象の総称。
その大半は、とても人間が為すのは不可能と思われる奇怪な状態で村人が殺されているというもの。
少し前までは人間に恩恵を齎す(豊作など)こともあったのだが、今ではその類の現象は起きない。
上記の他に、
・顔が無い状態で発見。
・外傷も内部の傷も全く見つからず、死因が分からない。
・山にて、その場所を少し離れた間に、大木に一気に十人ほどが吊るされていた。

と、悪質なものばかりである。

 

レンタル掲示板
/1