teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 專賣ニセモノ ブランド(0)
  2. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  3. 激安市場,激安ブランド(0)
  4. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  5. 偽物(0)
  6. bag37.com→腕時計(0)
  7. 新品種類がそろっています。(0)
  8. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


すばらしい

 投稿者:並木@水戸  投稿日:2012年 4月25日(水)04時09分23秒
返信・引用
  回路が難しいので,素人には挑戦できないかなと思ってました。せっかく秋月の部品があるのに。
鉛遮蔽を使ったら,セシウム134,137、カリウム40が測れるようになるのでは?
高校生の教育用によいのでは?

http://www.geocities.jp/hozenkaigi/index.html

 
 

K40とScの計数効率の差

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月22日(日)16時57分26秒
返信・引用
  > No.186[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 その後、K40とSc134&137の計数効率について、ひっかかっていて、何か参考になる確認やってる人いないかな?と探してたら http://d.hatena.ne.jp/transfergate/20110906/1315323071 この方がCsIシンチレータ使ったA2700でのK40とScとの比較をやってて、見るとカウント差が1.28倍ていどは有りそうな。そんなわけで実際にはその分少ない(1.28倍程度多く値が算出)のかなと思っています。この方も同じ事でいろいろ考えておられたようですね。

> ご投稿ありがとうございます。ブログをお持ちなのですね。スペクトルの測定にだいぶ「リキ」が入っていますね。恐れ入りました。考えてみるとまぎれも無い土壌汚染なのですが自分で「土壌にセシウムが」とか書いているとなんだか慣れて麻痺してゆくような気がします。ときどきその事を思い返さないといけないですね。
 

海老名のDGZさま

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月20日(金)10時46分20秒
返信・引用 編集済
  ご投稿ありがとうございます。ブログをお持ちなのですね。スペクトルの測定にだいぶ「リキ」が入っていますね。恐れ入りました。考えてみるとまぎれも無い土壌汚染なのですが自分で「土壌にセシウムが」とか書いているとなんだか慣れて麻痺してゆくような気がします。ときどきその事を思い返さないといけないですね。  

Re: センサーの安定度が・・

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月19日(木)14時53分43秒
返信・引用
  > No.184[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

  スペシャルヘッドを使い隣家の庭土や雑草の放射能の定量化に挑戦してみました。
http://d.hatena.ne.jp/JyJy_douraku/ なにせ標準線源が無く、頼りは「やさしお」位なので、大雑把に。Geなどで行う本来のγ線のエネルギーによって計数効率が違うための、計数効率曲線も考慮せず、エイ!ヤー!で計数効率を同じに仮定し定量してみました。それでも、すごい値が出てしまいました。住む海老名の身近でもこんなに。「たか」さんの鉛の遮断チャンバー有ったらもっと正確に捉えられたかも。やり方等は全てまねまねです。

> 海老名のDGZ様、情報ありがとうございます。センサーのカウントなどを検討してみましたが100Bq程度の測定でダブルPDダブルシンチでも1カウント程度の測定になってしまうためにばらつきと温度依存性などの時間特性と両面での難しさから簡単に安定な測定値を得るのは困難な感じです。当面、土壌程度のレベルのもののスペクトルが確認できる事がわかったのでそれを使ってスペクトル上の特定エネルギー範囲のカウントが得られるようにする方向でソフトの整備をしてみようかと思っています。目的はほぼセシウム由来のカウントを得ることです。
 

センサーの安定度が・・

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月17日(火)19時51分55秒
返信・引用 編集済
  海老名のDGZ様、情報ありがとうございます。センサーのカウントなどを検討してみましたが100Bq程度の測定でダブルPDダブルシンチでも1カウント程度の測定になってしまうためにばらつきと温度依存性などの時間特性と両面での難しさから簡単に安定な測定値を得るのは困難な感じです。当面、土壌程度のレベルのもののスペクトルが確認できる事がわかったのでそれを使ってスペクトル上の特定エネルギー範囲のカウントが得られるようにする方向でソフトの整備をしてみようかと思っています。目的はほぼセシウム由来のカウントを得ることです。  

Re: 脱水測定方法はいかが?

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月16日(月)18時01分50秒
返信・引用
  > No.175[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 CPMからベクレル/Kgを推定するのにカリウムK40をフラッグ核種にしてセシウムの推定しようとしてますね。 http://d.hatena.ne.jp/transfergate/20110729/1311953648 K40は放出確率:1.461 [MeV] / 10.7 [%],Cs134は605 [keV] / 97.6 [%]と796 [keV] / 85.5 [%],Cs137が662 [keV] / 85.1 [%] を計算の中で使ってますね。また以前本掲示板に書かれた方 http://www11.plala.or.jp/jk1hrb/weak_radiattion/weak_radiation%20detection.htm のサイトも見つけました。もう見てるかもしれないけれど。

> 海老名のDGZ様 ご投稿ありがとうございます。いまのところ普通の方法で食品レベルの物を計れる目処もありませんので題名にはインパクトの強い「食品」という言葉は自重しようかと思っております。引き続きいろいろな方法でカウントの向上は図って行きたいと思います。食品測定については「どうせ切り刻んで」食べられない形にしてしまうならいっそのことよく加熱して水分を排除してできれば焼いて灰にして放射能密度を上げて計る「たか帝王様」のやり方をもっと進めて見るのもひとつの見識かとも思います。焼く前の重量を測っておけば測定後に重量換算すればよい話ですし。こんな方法を推し進めることでひとつの「安価な市民的測定方法」が確立できるのではないかと思ったりします。何か簡単に安全に(食品レベルなので焼いてもそんなに危険なレベルにはならないと思いますが)灰にできるような方法があればよいと思いますが・・廃フライパンと防塵マスク?(^^;・・こんなのは案外主婦の方々のほうがアイディア豊富だったりしませんかね。
>
>
 

スペクトルソフト機能追加です

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月16日(月)14時12分2秒
返信・引用 編集済
  たか様ずいぶんがんばりましたね三日ですか。だとすると「ええーっ!」ってのは大げさのようですね。でも長く計ってもプロフィールの形はきれいになりますが山の高さの具合はさほど高くならないのでやっぱり結構濃いのでしょうね。問題のセシウムは浸透桝の中にあるわけですね。そうそうしょっちゅう降るものでもなさそうなので(降られてはたまりませんが)少し掘って瓶にいれて埋めておいたらどうでしょうね。ここ掘れワンワン。
--------------------------
「放射線スペクトル解析ソフト」長いなぁ「放解ソフト」これではなんのことだか。名前はさておいて、ソフトにちょっと機能を追加しました。データーの平滑化(スムージング)をつけてみました。データがあまりにがさがさでピークがどこやらという場合に多少は役立つかと思います。アルゴリズムは単純な移動平均です。母数の中央に対して平均化処理をするようにしているのでガウス曲線状の左右対称のピークに生じるずれは±1チャンネル以内ですが非対称性が大きいと多少ピークがずれますのでご留意ください。平滑処理は表示中のヒストグラムだけで元のデーターが変化することはありません。またアンドゥもありませんのでやり直すときは元のデーターを読み込みなおしてください。処理窓の呼び出しは[グラフ操作]→[フィルター]です。フィルター定数は移動平均の母数の数で大きいほうがスムージングがなめらかになります。とりあえずここにおいてありますのでご試食ください。V1.0.7です
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-jwzoxl3ebyedcbb5dfcomy77gq-1001&uniqid=cdbcd3f8-c769-4af0-a3ae-dea7dcd61c14&viewtype=detail
下の絵は左:使用前→右:使用後(母数8)です。
 

追加

 投稿者:たか  投稿日:2012年 4月15日(日)23時12分32秒
返信・引用
  「海老名のDGZ」さんでしたね。間違えていました。すみません。
ちなみに追加情報です。

我が家の排水溝は土壌やエスロンの配置など様々な条件が重なっているため、東電のお土産がいまだに残っているのかもしれません。

というのも図のように土壌は粘土質で、新たに雨が降っても地下に浸透し難いのかもしれません。
要するに水はけが悪いので、いつまで経ってもセシウムが居残っているのかも・・・
 

うぅ・・・

 投稿者:たか  投稿日:2012年 4月15日(日)22時52分31秒
返信・引用
  え?あ、そうなんですか?
なんかこれが普通だと思っていたので、濃いと言われると怖いような・・・

でも排水溝の泥にセンサーを近付けた時のカウントの仕方は、ランタンマントルの時と同じようなスピードなので濃いのかもしれませんね。
HPにも書きましたが、直泥で1uSv/h、フライパンで炒めて0.5uSv/hです。

しかしこれら排水溝以外の土壌からは全く放射線の反応はありません。

もしかしたら3日間という途方もなく長い時間測定していたので、それで濃く見えているって事はないですかね?
ちなみにBGキャンセルはしていません。

実はこのグラフ、お互いの相関が取れていないんですよね。
測定時間もバラバラで、

マントル:20時間
やさしお:9時間
BG   :33時間
雨どい泥:3日

ってな感じでメチャクチャです。
合わせたかったのですが、いろいろ心変わりしてしまって。。。

ちなみにですが「海老名のGDZ」さんは、名前をそのまま居住地として捉えて良いのであれば、ご近所の流れの悪い排水溝の泥からは私と同じレベルのサンプルが採れるはずです。
 

ええーっ!

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月15日(日)22時24分56秒
返信・引用 編集済
  (劇画風に)ええーっ!たか様このCsむっちゃくちゃに濃くないですか?焼いたからかなー?これバックグランドをキャンセルしてるわけではないですよね?なのにいまでんのバックグランドキャンセルのような形してます。濃いぃですよこれ。ひょっとしてバックグランドをキャンセルするとその小さな1400付近のピークが立派になって光電ピークに見えたりしませんか?
ここ何日か近所の泥を調べまわった(あやしいオヤジ状態ですよね)感じでは、つやの無い瓦屋根などは雨どいの線量がひくいようです。公園にあった休憩所のつるつるした金属屋根の雨どい下が高かった(といっても0.08程度)。つやの無い屋根の上は流れずに薄くセシウムがへばりついているのかもしれないですね。ひょっとすると最近流行りの「よごれが付かない壁」とかの大きなビルなどはみんな流れてホットスポットができやすいのかもしれないですね。
 

レンタル掲示板
/21