teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 專賣ニセモノ ブランド(0)
  2. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  3. 激安市場,激安ブランド(0)
  4. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  5. 偽物(0)
  6. bag37.com→腕時計(0)
  7. 新品種類がそろっています。(0)
  8. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ええーっ!

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月15日(日)22時24分56秒
返信・引用 編集済
  (劇画風に)ええーっ!たか様このCsむっちゃくちゃに濃くないですか?焼いたからかなー?これバックグランドをキャンセルしてるわけではないですよね?なのにいまでんのバックグランドキャンセルのような形してます。濃いぃですよこれ。ひょっとしてバックグランドをキャンセルするとその小さな1400付近のピークが立派になって光電ピークに見えたりしませんか?
ここ何日か近所の泥を調べまわった(あやしいオヤジ状態ですよね)感じでは、つやの無い瓦屋根などは雨どいの線量がひくいようです。公園にあった休憩所のつるつるした金属屋根の雨どい下が高かった(といっても0.08程度)。つやの無い屋根の上は流れずに薄くセシウムがへばりついているのかもしれないですね。ひょっとすると最近流行りの「よごれが付かない壁」とかの大きなビルなどはみんな流れてホットスポットができやすいのかもしれないですね。
 
 

割り込み情報

 投稿者:たか  投稿日:2012年 4月15日(日)21時59分52秒
返信・引用
  レンズの話題で盛り上がっている所に割り込んでしまい、申し訳ないです。
以前書きました「雨どいの泥」の長時間測定がまとまりましたので報告します。

コンクリのK40かと思われていた盛り上がりは、やさしおのピークとズレていたので違ったようです。
よくよく考えればトタン屋根からエスロンを通って例の泥に辿り着くわけであり、コンクリに触れないのでK40が出るわけないですが・・・

もしかしたらセシウム134の高エネルギー側の最終ピークなのかもしれませんが、素人の私には何だかよく分かりません。

ちなみにカメラで思い出しましたが、チェルノブイリ事故直後に撮影された8mmフィルムには放射線で感光した形跡がハッキリ出ていましたね。
画面をビュンビュン飛び交う白い筋のような。

本当に原発事故って恐ろしいですね。

「うちの泥、こんなんですぅ~」なんて報告していますが、これって本当は異常な事なんですよね(ToT)
麻痺している自分が怖いです。。。
 

マミヤですか

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月15日(日)21時02分40秒
返信・引用 編集済
  海老名のDGZ様、情報ありがとうございます。鉛のブロックですか重そうですね。ゲルマニウムなどを使う場合は鉛、銅、カドミウムの三層構造だそうです。また鉛も鉄の刃物などを当てて加工したものではダメなようです。制動X線などの間接的な放射を止めるためだそうですが、副次的に出るコンプトンや制動X線などはエネルギーが低いようです。まあとりあえず薄い鉛の遮蔽でも何割か減るので無いよりは良いでしょう。三層構造の専用シールドはとんでもない値段のようですが、一回そんなものの中にヘッドを入れて放射線的に静粛な環境ってのを計ってみたいものです。
カメラマミヤですね。私のおやじがマミヤの二眼レフを持っていました。その昔まだ幼少のころにおやじについて写真屋にゆくと写真屋のおやじさんがブロニーフィルムのスプールをだしておもちゃにくれました。もうこの手のフィルムの現像できる写真屋は少ないでしょうね。しかしレンズが放射性とは・・X線フィルムとかあったけれど平気なのですかね。
 

Re: BGキャンセルの確認

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月15日(日)18時21分19秒
返信・引用
  いまでん屋さんへのお返事です。

 「鉛で遮蔽」って考えてたら http://betanode.ddo.jp/ このサイトの人のを読むと更に銅板まで必要みたいでびっくり。鉛から放射線がね~!奥が深いなって更にためいきがw!
 これが我が時々使う家のトリウム線源です。もう若い時から40年共に生きて来た相棒で、気が付くとずっと放射線被爆してたみたいで、「知らぬが仏」ってこの事か?こんなレンズにいつも囲まれ、そろそろトリウム被爆発症のころかも知れません。先長くないかもw!

> 先日の土壌のデーターでバックグランドキャンセル機能の確認をしてみました。バックグランドキャンセルはチャンネル毎に測定値とバックグランドの差を取るようになっていますが考えようによっては相互のばらつきを足し合わせているようなものでもあります。なのであまりチャンネル数が多くデータが細かいと結果は非常に線幅の太った見づらいものになりがちです。それを避けるためにチャンネル数500でやってみました。上列のグラフは元データで下列がBGキャンセルしたものです。セシウムによるカウント範囲がよりはっきりとわかります。
> 面白いのは先日のデーターでコンクリートスロープに出ていたカリウムのピークが小さくなってしまったことです。データーを取っている場所がコンクリートの建物内なのでバックグランドに元々カリウムのピークが少し有るところへわずかなコンクリートスロープのカリウムのピークが乗っかる形で強調されていたのではないかと思われます。鉛の遮蔽がもっと厚くバックグランドをより遮蔽できればこの辺ももっと改善されそうな感じがします。しかし完全ではありませんがBGキャンセルの効果が遮蔽の薄さを補うことがこのデータで確認できた形ではあります。
 

脱水測定方法はいかが?

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月15日(日)11時34分6秒
返信・引用
  海老名のDGZ様 ご投稿ありがとうございます。いまのところ普通の方法で食品レベルの物を計れる目処もありませんので題名にはインパクトの強い「食品」という言葉は自重しようかと思っております。引き続きいろいろな方法でカウントの向上は図って行きたいと思います。食品測定については「どうせ切り刻んで」食べられない形にしてしまうならいっそのことよく加熱して水分を排除してできれば焼いて灰にして放射能密度を上げて計る「たか帝王様」のやり方をもっと進めて見るのもひとつの見識かとも思います。焼く前の重量を測っておけば測定後に重量換算すればよい話ですし。こんな方法を推し進めることでひとつの「安価な市民的測定方法」が確立できるのではないかと思ったりします。何か簡単に安全に(食品レベルなので焼いてもそんなに危険なレベルにはならないと思いますが)灰にできるような方法があればよいと思いますが・・廃フライパンと防塵マスク?(^^;・・こんなのは案外主婦の方々のほうがアイディア豊富だったりしませんかね。

 

Re: 訂正いたします

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月14日(土)23時59分39秒
返信・引用
  > No.173[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 いやいや恐れ入ります。そんなたいそうに思いレスしたつもりなかってんですが、恐縮していますw!m(__)m
 こんな時期で「食品の検査」できるように素人市民たちが知恵を寄せ合うって事、とっても良いんじゃないかと思っています。表題タイトル変えなくていいですよ!市民製作のレポート掲示板としてはいいんじゃないかと今も家族と話していますよ。(笑)
 いまスペシャルヘッドのをいまでん屋さんの基板に更にもう一組のPD+シンチを組み込み測定中です。低エネルギー域がFC増やしゲイン下がった分わずかSNが不利になった様子で上がりました。230KeV位かな!結果出たらご報告します。米やシイタケのセシウム位は測れるのが目標です。遮蔽チャンバどうしようw!

> 海老名のDGZ様にご指摘をいただきまして、しばらく前の「食品の検査など」と「続・食品の検査など」という記事につきまして、表題からあたかも「食品検査」ができるかのような誤解を生みかねないということに気がつきましたのでここで訂正させていただきます。この記事は両方をお読みいただければ理解していただけるかと思いますがある大手のメーカーさんよりシンチレータのカウンターを使った「簡易測定のキット」が販売されていることからそのような応用ができないものだろうかというトライアルとしてはじめたものです。最初の「食品の検査など」に書きましたようにセシウムのマスターなどが用意できないので実用的な意味のある実験とは思われませんでしたが「続・食品の検査で」はカリウム塩と食塩を混合して密度を変えたものでダブルPDダブルシンチでの識別の限界などを確認しました。これは、カリウムでのカウントにより他の核種の放射能の測定に拡張する意図は無く単にカリウムでの確認で食品の判定に応用きるような感度や安定度があるか試してみたという意味あいしか持っていません。また使用の可否を結論づけてもおりません。表題は誤解をさけるために両方とも「センサーカウントの確認」と改めさせていただきます。
> 掲示板というものの性格上短い説明でディテールまで踏み込む事はあまりないので誤解を生みやすい側面があるとおもいます。掲示板の冒頭にも断り書きをいれてありますように実験の結果や実例の実施については掲示者や掲示板の管理者が責任を負うことは一切ありませんので、これらを参考に実験や実施される方はご自分の責任において確認検討のうえ行っていただくようくれぐれもお願い申し上げます。
 

訂正いたします

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月14日(土)21時27分57秒
返信・引用 編集済
  海老名のDGZ様にご指摘をいただきまして、しばらく前の「食品の検査など」と「続・食品の検査など」という記事につきまして、表題からあたかも「食品検査」ができるかのような誤解を生みかねないということに気がつきましたのでここで訂正させていただきます。この記事は両方をお読みいただければ理解していただけるかと思いますがある大手のメーカーさんよりシンチレータのカウンターを使った「簡易測定のキット」が販売されていることからそのような応用ができないものだろうかというトライアルとしてはじめたものです。最初の「食品の検査など」に書きましたようにセシウムのマスターなどが用意できないので実用的な意味のある実験とは思われませんでしたが「続・食品の検査で」はカリウム塩と食塩を混合して密度を変えたものでダブルPDダブルシンチでの識別の限界などを確認しました。これは、カリウムでのカウントにより他の核種の放射能の測定に拡張する意図は無く単にカリウムでの確認で食品の判定に応用きるような感度や安定度があるか試してみたという意味あいしか持っていません。また使用の可否を結論づけてもおりません。表題は誤解をさけるために両方とも「センサーカウントの確認」と改めさせていただきます。
掲示板というものの性格上短い説明でディテールまで踏み込む事はあまりないので誤解を生みやすい側面があるとおもいます。掲示板の冒頭にも断り書きをいれてありますように実験の結果や実例の実施については掲示者や掲示板の管理者が責任を負うことは一切ありませんので、これらを参考に実験や実施される方はご自分の責任において確認検討のうえ行っていただくようくれぐれもお願い申し上げます。
 

BGキャンセルの確認

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月14日(土)10時17分39秒
返信・引用 編集済
  先日の土壌のデーターでバックグランドキャンセル機能の確認をしてみました。バックグランドキャンセルはチャンネル毎に測定値とバックグランドの差を取るようになっていますが考えようによっては相互のばらつきを足し合わせているようなものでもあります。なのであまりチャンネル数が多くデータが細かいと結果は非常に線幅の太った見づらいものになりがちです。それを避けるためにチャンネル数500でやってみました。上列のグラフは元データで下列がBGキャンセルしたものです。セシウムによるカウント範囲がよりはっきりとわかります。
面白いのは先日のデーターでコンクリートスロープに出ていたカリウムのピークが小さくなってしまったことです。データーを取っている場所がコンクリートの建物内なのでバックグランドに元々カリウムのピークが少し有るところへわずかなコンクリートスロープのカリウムのピークが乗っかる形で強調されていたのではないかと思われます。鉛の遮蔽がもっと厚くバックグランドをより遮蔽できればこの辺ももっと改善されそうな感じがします。しかし完全ではありませんがBGキャンセルの効果が遮蔽の薄さを補うことがこのデータで確認できた形ではあります。
 

スペシャルヘッド

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月13日(金)23時43分49秒
返信・引用 編集済
  海老名のDGZ様、スペシャルヘッドでだいぶ低エネルギー域が伸びていますね。見た感じ100KeVを切っていそうですね。ご投稿ありがとうございます。放射線関係の資料を見ている(見ているだけだったりしますが)と頭が時々混乱しているのに気がつきます。低エネルギーだったり低線量だったり、ぼーっとしているとどちらがどちらだか。スペクトルの異常ピークの原因を考えていたりすると頭の中でいつの間にかエネルギーと度数が周波数と信号強度にすり替わってしまったり。けっこう勘違いも知識不足もあると思います。ご指摘いただくのは大変ありがたいことですこれからもよろしくお願い申し上げます。
ところでトリウムのレンズですが、スーパータクマーというのはあちこちのHPで見ることができますがRB67というのはどこのメーカーの物なのでしょうか。機会があれば写真などアップして見せていただければと思います。よろしくお願い申し上げます。
 

Re: 続ベクレル変換の続き

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月13日(金)23時09分38秒
返信・引用
  > No.168[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 むずかしいね。何ベクレルか不明な時にカウントされたCPMから特定の核種が何ベクレル有ると簡易な換算するのに、あのやさしおを使った校正なのかと思っていました。ちと違ったのかな?(笑)年寄りの早合点と勘違いかな?m!(__)!mお騒がせをば!

> kaori様情報ありがとうございます。見ようと思いましたが「リンク切れまたは残念ながら一部の機種では見えません」とテロップが出てしまいました。私のは「一部の機種」らしく見えませんでした。残念です。
>
> 海老名のDGZ様 結局やさしお1kgの中で1秒間に何らかの放射線が8730発放射されていてそのうちの約10%がγ線ということだと思います。ということは被測定物1kgとして873のγ線が回り中に放出されるので仮にセンサーに1%が捕まって信号化されるとすると8.7CPSになります。なので8730/8.7=1003ベクレル/kg/CPSという事になると思います。CPMに変換しても分母分子ともに60倍されるだけなので同じになるのではないでしょうか。ちがってますか?
> 追記です。いまいち論点が違っているかもしれません。高カウント化したセンサーの識別限界をつかむために行った実験です。単純な除算だけで行っていますが近似値にもならないような間違いがあるようでしたらご指摘いただければありがたいです。とりあえず近似的にはそう間違っていないのであればこの結果を「なるほど」と受け止めていただければと思います。よろしくお願い申し上げます。
 

レンタル掲示板
/21