teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 專賣ニセモノ ブランド(0)
  2. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  3. 激安市場,激安ブランド(0)
  4. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(0)
  5. 偽物(0)
  6. bag37.com→腕時計(0)
  7. 新品種類がそろっています。(0)
  8. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


続ベクレル変換の続き

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月13日(金)22時05分9秒
返信・引用 編集済
  kaori様情報ありがとうございます。見ようと思いましたが「リンク切れまたは残念ながら一部の機種では見えません」とテロップが出てしまいました。私のは「一部の機種」らしく見えませんでした。残念です。

海老名のDGZ様 結局やさしお1kgの中で1秒間に何らかの放射線が8730発放射されていてそのうちの約10%がγ線ということだと思います。ということは被測定物1kgとして873のγ線が回り中に放出されるので仮にセンサーに1%が捕まって信号化されるとすると8.7CPSになります。なので8730/8.7=1003ベクレル/kg/CPSという事になると思います。CPMに変換しても分母分子ともに60倍されるだけなので同じになるのではないでしょうか。ちがってますか?
追記です。いまいち論点が違っているかもしれません。高カウント化したセンサーの識別限界をつかむために行った実験です。単純な除算だけで行っていますが近似値にもならないような間違いがあるようでしたらご指摘いただければありがたいです。とりあえず近似的にはそう間違っていないのであればこの結果を「なるほど」と受け止めていただければと思います。よろしくお願い申し上げます。
 
 

(無題)

 投稿者:kaori  投稿日:2012年 4月13日(金)21時54分53秒
返信・引用
  ちょっとそこの君!暇ならこれをよんじゃいなっm9(#゚Д゚)
http://m.invites.ameba.jp/m/registerSIDConfirm.do?inviteEkey=81f6eeb8b37d4f3c3&mkey=1dc4e55973efe3634&guid=on
 

Re: 続ベクレルについて

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月13日(金)21時50分3秒
返信・引用
  > No.165[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 つまり「1秒間に1個の原子核が崩壊することである」と言う事は、γ線の放出の事じゃないわけですよね。何がしかの放射線は放射されるのでしょうが。今回はγ線をカウントした結果とベクレル/Kgとの関係なんで、やっぱり私が書いた内容でいいんですかね。

> 海老名のDGZさま。ベクレルについての説明があるWikiのページです
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD
> 二行目にベクレルは1秒間に崩壊する原子核の数とあります。
> これは、いまでん屋の拙い解釈なのですが
> ベクレルは光で言うと光源の強さの単位カンデラのようなものではないかと解釈しています。これは人体への影響などの要素は無関係なのではないでしょうか。またグレイGyはいわゆる受けた光の強さルックスのようなもので、ある面積が受けた放射線の量でエネルギーはジュールに換算できた・・ような。Gyも人体への影響は加味されていないと解釈しています。シーベルトはもう少し複雑で人体が受ける影響の強さを加味した単位と・・・どこぞのHPだかで説明されていたような・・(^^;。
> どなたかご覧の専門家の方、違っていたら(`Д´) / ゴルァーとか叱ってやってください。
>
> 危険といえば以前放射線の専門家の方にメールで「β核種は怖いですよ」とご忠告をいただいたことがありました・・そのときは深い意味まで考えてませんでしたがちょっと思い出したものでひとこと・・。
 

続ベクレルについて

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月13日(金)21時19分13秒
返信・引用 編集済
  海老名のDGZさま。ベクレルについての説明があるWikiのページです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD
二行目にベクレルは1秒間に崩壊する原子核の数とあります。
これは、いまでん屋の拙い解釈なのですが
ベクレルは光で言うと光源の強さの単位カンデラのようなものではないかと解釈しています。これは人体への影響などの要素は無関係なのではないでしょうか。またグレイGyはいわゆる受けた光の強さルックスのようなもので、ある面積が受けた放射線の量でエネルギーはジュールに換算できた・・ような。Gyも人体への影響は加味されていないと解釈しています。シーベルトはもう少し複雑で人体が受ける影響の強さを加味した単位と・・・どこぞのHPだかで説明されていたような・・(^^;。
どなたかご覧の専門家の方、違っていたら(`Д´) / ゴルァーとか叱ってやってください。

危険といえば以前放射線の専門家の方にメールで「β核種は怖いですよ」とご忠告をいただいたことがありました・・そのときは深い意味まで考えてませんでしたがちょっと思い出したものでひとこと・・。
 

Re: ベクレル換算について

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月13日(金)20時44分37秒
返信・引用
  > No.163[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 東工大の先生のサイトでも他でも勉強してみた所では、例えば同じγ線1000カウント/分(1000cpmって言ってもいいんですかね?)でも核種によってγ線放出率違うんで同じベクレルじゃないと。そう理解したんですけど。違うのかな?カリウムK40だと約10%のγ線しかカウントしてないんで、実際には10倍近くのBq/Kg。だからどの核種も一律に「何cpm⇒何Bq/Kg」と換算できないと。つまり8730Bq/KgのK40からは931Bq/Kg相当のγ線しか放射されないと。だから同じベクレル数/Kgの場合、K40のγ線放射数よりCsはγ線放射率高くγ線放射数多いので危険だと。そんな理解をしてました。

> 海老名のDGZ様ご投稿ありがとうございます。いまでんおやじも放射線や放射能の専門家ではないので間違いがあるかもしれません。違っていたらご指摘をお願いいたします。ベクレルというのは一秒間に崩壊する数だとどこぞで説明がありました。これはαβγの区別は無いものと考えております。したがってγの数が10%でも最終的な約8000(8730ですか)ベクレルが変化することは無いので10%の割合のγ線の内から何がしかを検出したCPMやCPSの値から逆算して得られる数字は873ベクレルではなく8730ベクレルでなくてはならないので8730を単純に割った値でよいのではないかと思いますが、間違っておりますでしょうか?
 

ベクレル換算について

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月13日(金)19時31分54秒
返信・引用 編集済
  海老名のDGZ様ご投稿ありがとうございます。いまでんおやじも放射線や放射能の専門家ではないので間違いがあるかもしれません。違っていたらご指摘をお願いいたします。ベクレルというのは一秒間に崩壊する数だとどこぞで説明がありました。これはαβγの区別は無いものと考えております。したがってγの数が10%でも最終的な約8000(8730ですか)ベクレルが変化することは無いので10%の割合のγ線の内から何がしかを検出したCPMやCPSの値から逆算して得られる数字は873ベクレルではなく8730ベクレルでなくてはならないので8730を単純に割った値でよいのではないかと思いますが、間違っておりますでしょうか?  

Re: 続・食品の放射能測定など

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月13日(金)18時00分3秒
返信・引用
  > No.149[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 HP読み直し勉強してたのですが、東工大の先生の http://jun-makino.sakura.ne.jp/articles/811/note006.html#rdocsect17 このサイト読むと、「やさしお」1Kgの中にカリウムが300g含み、たぶんそれが8730Bg/Kgかなと。K40のγ線は10パーセント(たぶんγ線放出率が10.67%だからその事を言ってるのかと)ほどと言ってますが。だとすると、「やさしお」1Kgの中からのγ線放出は931.5Bg/Kg。あとは何%捕捉されるかの計数効率が関係するんでしょうが。ここで下記の300g当たりだと279.45Bq/300gと思ってたのですが、違うんですかね?下記「100%  2400Bq/300g」となってるもんで。ジイさんには良く分からなくなってしまいました。ご教授願います。m(__)!m(笑)

> 考えているだけではしかたないので「やさしお」と塩を混ぜてベクレルマスター・・らしきものを作って計ってみました。測定は既出の「高速サーベイ用ダブルPDダブルシンチ」です。マスターの重量は先日用意した厚み10mm程度の鉛チャンバーを使うのでそれに入る重量300グラムにそろえて、やさしお対塩比100%、50%、10%、0%の四種類を作りました。やさしおの放射能はあちこちのHPで言われている8000Bq/Kgとして計算しました。また測定時間は0.1CPMの桁の精度がそこそこ信用できるように15分としました。
>
> 種類 ベクレル/300g  測定値CPM  測定値-BG ベクレル/300g/CPM
> 0%       -------       38.4       --------     ------------
> 10%    240Bq/300g      40.7         2.3          104.7Bq/300g/CPM
> 50%   1200Bq/300g      50.8        12.4           96.8Bq/300g/CPM
> 100%  2400Bq/300g      61.6        23.2          103.4Bq/300g/CPM
>
> 結果は以上のようです。いかがでしょうか?
> そこそこベクレル対カウントの比が出ているのではないでしょうか。
> この測定系では大体
>  100Bq/300g/CPM  ≒  333Bq/Kg/CPM  at やさしお
> またシステムの分解能は0.1CPMなので
>  分解能は 33.3Bq/Kg/0.1CPM
> という感じでしょうか
> サンプルの重量を増やしてなるべく効率よく検出できるように工夫すればまだ感度が上げられるのではないかと思われます。
> ベクレル測定についてはなかなか資料が少なく「いまでん屋おやじ」にはよくわからない部分が多いので「突っ込み所満載」かもしれません。
> ご意見など大歓迎ですこの掲示板やメールでお願いします
> imadenya@work.odn.ne.jp
> やっと、はじめの一歩といったところですか・・。
> こんなに塩が有ると今年は梅干漬けてみようかと思ってしまいます。
> 普通塩、減塩、超減塩、超超減塩 梅干 なんてのができそうです。
 

Re: 大作ですね

 投稿者:海老名のDGZ  投稿日:2012年 4月13日(金)15時11分1秒
返信・引用
  > No.154[元記事へ]

いまでん屋さんへのお返事です。

 皆さんすごい言ってますね!びっくり!鉛溶かすの大変だろうなと、むかし子供のころ家のあたりに回って来た「ポンあられ屋」の事を思い出しました。米や干しいをポンあられにしてくれる大砲みたいな圧力釜の蓋のシールが鉛で、時々炉で溶かし補修しつつやってるのを、興味深く見てました。あれを思い出しw!
 サイトを探してたら東工大の先生は東急ハンズで売ってる鉛のインゴットや水で試しているようで。http://jun-makino.sakura.ne.jp/articles/811/face.html#TOC なるほどな!と驚いたり。私も釣りの鉛かバッテリの鉛とか金かけずやってみるかなと、思い始めました。鉛を溶かすコツや注意でもあったら知りたいですよw!今スペクトルとる際に出るヒゲなんで出るんだろ?出ないようにならないのかな!とか考え中です。

> たか様HP拝見させていただきました。大作ですね。鉛の容器の作り方など大変勉強になりました。最近話題が少なくなりましたがまだ放射能はしっかり残っているのですね。いまでん屋のサンプルデータのセシウムはチェックソースなので137だけですっぱり右側が切れているのですが、たか様のはさすが東電の置き土産です134ももれなく入っているようですね。フライパンで炒めた砂・・恐ろしげです。吸い込みたくないですね。いや恐れ入りました。いまでん屋の説明書もこんなふうに楽しげに書けたらなと思います。
> ご投稿ありがとうございました。
> *お知らせ、既出の続高速サーベイでご紹介いたしました説明書のシリアル出力改造の回路図のダイオードの方向が逆でした4月8日夜に訂正版をアップしましたのでそれ以前にダウンロードされた方は最新版に差し替えをお願いいたします。
 

じっくり

 投稿者:たか  投稿日:2012年 4月12日(木)22時41分36秒
返信・引用
  コンクリの1480とは驚きですね。
私のスペクトルにも微妙に盛り上がっている所があるので、もしかしたらコンクリ由来の1480かもしれません。

ちなみに現在、長時間掛けて雨どいの泥を再測定中です。
気のせいかもしれませんが800KeV~1400KeVにかけて、レベルが低いながらもまだ何かしらのピークが隠れているような気がするので。

結果が分かったらまた報告します。
 

調布近辺の土壌など

 投稿者:いまでん屋  投稿日:2012年 4月12日(木)10時26分49秒
返信・引用 編集済
  いまでんの住んでいる調布は低線量地域ということです。もう原発事故からだいぶ経つし土壌からスペクトルが判るほどのセシウムは出ないだろうと思っていました。しかし、「たか帝国の領土」ではきれいにスペクトルが出るセシウムが出土するということです。そこで既出の高速サーベイを携えて身近な範囲を探索してみました。探索範囲はママチャリで楽に移動できる程度で行いました。ダブルPDダブルシンチはカウントが多いのでちょっと線量の高いところを比較的楽に見つけることができました。その結果空間線量0.05uSv/h程度の地域で地面で0.1uSv/h程度。その土を一掴み取って他の場所で計ると0.08~0.07程度の場所が二箇所ほどすぐに見つかりました。
グラフAは定番雨どい排水口で採取した土や雑草の根。Bはコンクリートスロープ下に溜まった砂や落ち葉。面白いのはコンクリートから溶け出した物でしょうかカリウム1480にはっきりピークがあります。Cはバックグランドこれと比較すればグラフABともにセシウムのピークが有ることは確認できます。Dはセシウム137のチェックソースです。これははっきりと661にピークがありそこを境に高エネルギー側(右側)のカウントはすっぱりと無くなります。これに対してAやBはピークが低エネルギー側にずれて見えます。これはセシウム134のピーク604と137のピーク661が合体したため見かけのピークが630辺りにあるように見えているのだと推測します。また右側のスロープがなだらかなのはセシウム134の795や801のピークの影響だど思います。この辺りは「たか帝国」の帝王様のレポート
http://www.geocities.jp/taka_to_yuri_no_page_dayo/takaemp/csi/csi.html
を参照していただければはっきりと「こぶ」のようになって見えているのがわかります。
低線量の地域だと言ってもやはり関東地方です2011年3月に少量とはいえセシウムが降り注いだものが未だに存在しているのは間違いの無いことだと思います。しかしこの程度の線量のサンプルではっきりスペクトルが確認できるとは思いませんでした。何事もやってみるものだと、また勉強になりました。このストリームファイルはここに置いておきますのでご参照ください。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-jwzoxl3ebyedcbb5dfcomy77gq-1001&uniqid=4b31fa3d-de80-4885-9aa2-8befb30b699d&viewtype=detail
 

レンタル掲示板
/21