teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 一日一個ビジネスアイデア(13)
  2. 宇宙について考えるスレ(6)
  3. ぽろりっ(0)
  4. 詩集: 空色パズルピース(10)
  5. Self Control(3)
  6. My Favorate Tools(2)
  7. 笑研(2)
  8. 投資に関して研究するスレ(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


EQ

 投稿者:se  投稿日:2017年 3月29日(水)01時47分19秒
返信・引用
  http://dtm-hakase.biz/508/  
 

ツンツンツンツンツン

 投稿者:関光  投稿日:2017年 2月10日(金)21時05分56秒
返信・引用
  ツインビー

ツンツンツインビー
 

(無題)

 投稿者:つんつん男  投稿日:2017年 2月10日(金)17時05分40秒
返信・引用
  ウォッシュアップ!

おでんつんつん!
 

未来人の件

 投稿者:関光  投稿日:2016年 5月17日(火)02時12分22秒
返信・引用
  昔調べてた未来人、こないだの熊本の時は余震と本震の間にきて、そこで、この日にきたのは偶然ではないと言っていた。
かつ、その他の場所で17日には何も起こらないとも書いている。ゆえに、18日が危なそうだ。

11年時点で、16年4月15日に大事なことを伝えに行くと言っていて、4月15日の書き込みは表向き重要なことは書いていないけれど、この日にきたことで信じてもらえただろう、16年はトラフについてつたえたかった、とあり、さらに次に来るのは5/17だと。

まず明日、降臨して何を言うか。そして、明後日大丈夫なのか。
 

何でも見てやろう

 投稿者:関光  投稿日:2015年 1月13日(火)00時24分47秒
返信・引用
  むっちゃ長かった。
バックパッカーの走りとなった作品?
旅行記は割と面白いんだな。


とりあえず、ギリシアとデンマーク、ノルウェーは訪れてみたいと思った。
語学をちょっと学んでからいったほうが楽しそうだ。


 

Net

 投稿者:関光  投稿日:2015年 1月12日(月)17時19分16秒
返信・引用
  http://kakaku.com/bb/plan.asp?bb_planUnitCD=2671001&bb_pref=13  

習慣設計参考

 投稿者:関光  投稿日:2015年 1月 3日(土)02時03分33秒
返信・引用 編集済
  ▼タムルード学
http://hkitago.com/%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%89%E5%AD%A6/

▼本に蜂蜜
http://plaza.rakuten.co.jp/dreamnavigator/diary/200509040000/


▼日系ユダヤ人の人のブログ(後で読む)
http://www.kanjiishizumi.com/?eid=111

-ユダヤでは、強制的に週1回、絶対に家族との時間、それも何物にも邪魔されない時間を持つことを戒律としている。その時は、電話も、テレビも、仕事も駄目とされている。

-ユダヤでは「アレヌ レシャベア」といい、他人を褒めることは一種の義務であるという。

-感情のダイエット

-1箇所にとどまらない
 

マジックから学ぶこと

 投稿者:関光  投稿日:2014年12月31日(水)02時09分54秒
返信・引用
  セロのマジックを見て、学ぶことが多かった。

■対角的要素の集合体
 マジックを見ていると、その不思議なショーに驚き、キツネにつままれたように、どんな種だったのかを考えることになる。Now you see meを見る限り、でかい装置でやってるものや、自然に見せるトレーニングで身に着けるカードテク、数学的にやってるものもあるみたいだが、今回のを見てて、実感したことは以下。

-「個人」のブランドを最大限生かした「チーム」プレー
 セロという個人で知名度を高めていき、セロという人物を看板にして人を引き付けるものの、タネはセロだけが知ってるわけではなくて、チームで共有されている。会場には装置や大道具の裏で人力で対応している人がいたり、サウンド、ライト、吊り上げがかりなど、いろんな人とのチームプレーで見る人から見て不自然なところがないようになっている。会場にも訓練されたエキストラスタッフがいて、彼らもしっかり客として不自然なところが内容にやっている。
 セロが強調されればされるほどセロが偉大で、ノウハウはセロだけが持っているように見えるけど、むしろ、セロは看板であり、ショーの間のトークや表情、ステージ上でも栄えるキレキメの効いた動きが彼のコアスキルであって、タネ自体はチームで共有されるべきものだと思った。各役割を持った人もそのショーを作るために徹底的にトレーニングされているに違いない。

-「夢」を作るために、「姑息」を積み重ねる
 よくマジックは注目をずらすことがコツというが、不思議な夢のような体験を優雅にエスコートする際、すごく姑息ともいえるような隙をついた種で仕掛けが作られているんだなというのがよくわかった。

-「偶然」は「計画」されている
 たとえば、会場の中から1人を選択して、その人の携帯電話を借りる。セロはすぐにその携帯電話をもらってマジックをしようと思っていたが、その人はスマホの電源をちゃんと切っていたので、それが立ち上がるまでセロだけでなく、会場の日とも待っていないといけない。その際、セロはその人を急かしたり、ちゃんと電源を切ってくれてありがとうみたいなことを言う。そうすると会場の人たちはこの人はあらかじめ形態をONにしてなかったということは、サクラではなく、一般の人なんだなと思うかもしれないが、通常、会場では携帯をOFFにするのはマナーだから、より自然な方を選択しており、それを想定外に見せるような演出。結果、その人がエキストラでなければ成立しないマジックが行われる。 これも、すごく姑息だけれど、以下に偶然かつ想定外に演出するかが綿密に計画されているに違いない。その計画されたものを偶然として自然に演じることがエンタメでは大事だ。
 

あるインド人の本を読んで

 投稿者:関光  投稿日:2014年10月 7日(火)04時45分58秒
返信・引用
  それは見る人が見れば気持ち悪くもあるくらいの美的感覚。
ポップに出会う前にクラッシクに魅せられる小学生のような。

客観視という名の大衆目線で自分を裏切り、貶め、存在を消さんと振る舞ったゆえ、
今、そのもともとありし、感覚をとりもどそうにも、
その感覚への絶対的な陶酔は第三者的視点によって阻害される。

この喪失は、世俗的な価値観に傾倒しすぎたという僧侶のような潔癖的超自我と、世慣れたとはいいがたい青っぽさの残る諦めの隙間で、柔軟性のない自我に責任を着せる。
貫けなかった純真と、遅すぎる欲望がもはや葛藤というよりも一つになって存在する。

唯一、私を悩ましめるのは、人なのか自分なのかということだ。
自身と心から共感を交わすことができる相手はどこにいるのだろうか。

自分の枯渇している感覚を再生しない限り、私は何も返すことができないのではないか。
結局、恵みだけが私に降り注いでいる。
一国の王のような富を賜るも、共に乞食のような屈辱を味わう。
神様ありがとう。
 

HBR: When Marketing Is Strategy

 投稿者:Niraj Dawar  投稿日:2014年 2月 1日(土)16時58分28秒
返信・引用 編集済
  面白い内容だった。

・競争優位定義 => 購入基準ずらし => 信頼獲得
・オケージョン提案とリスク解決
・ネットワーク効果とデータ活用


■概要
・仕入れ、生産、流通、イノベーションといったアップストリームに投資がいきがちだが、
 これらはアウトソーシングできるようになり、コモディティ化しつつある。

・一方で、さまざまなブランドがある中で、ブランドパーセプションを作ったり、顧客の
 リスクやコストを取り除くダウンストリームの活動が競争における要になりつつある。

・特に、製薬やテクノロジーのカテゴリ、成熟カテゴリ、下流を押さえ垂直統合を考えている企業に適切

■ケース
・革新的製品は消費者の声からは生まれない
 ジョブズの有名な言葉があるように、消費者は何が欲しいか答えられない。アップルや任天堂のスタンスはそうだ。ブランドとして急成長しているZARAも他のアパレルメーカーが季節ごとに数千という商品を出すのに対して、ZARAは数百の商品を毎月出し、売れないものを間引く形で運用している。

・購買基準は提案するもの
 Cialisは、バイアグラに比べて、副作用が少なく安全だということと効果の持続時間が長いという2つの製品特徴を持っており、購入時重視点を調査したところ、前者は70%、後者は10%。 ここでの判断が面白いのだが、安全性は既に購入時重視点として確立しているので、そこを訴求することはせず、後者の持続性を主な訴求点とした。
 ジレットも、刃を単純に増やしていくという増やしていくということはしない。競合がやってもそれは信頼されない。ジレットが刃を増やすから、信頼される。
 ここで思ったんだが、調査の結果はコモディティで、それをどう決断につなげていくかが価値なんじゃないだろうか。

・ネットワーク効果
 BMWやベンツがターゲットには10%以下のリーチしかないTVCMを打つのは、それを見たターゲット以外の人がBMWやベンツに畏怖を覚え、そのような状態が作られることでターゲットは買うからである。一般的にはオピニオンリーダーやインフルエンサーを狙うが、逆に所有することによる周囲からの視線を形成することで、成り立つ考え方。フェイスブックやLINEなどの急速な成長もまさにネットワーク効果のインフラそのものだからだと思う。
 フェイスブックのアップストリームである社内に価値があるのではなく、会員の規模がさらなる会員の規模を集めているし、会員のフィードバックがよりよいサービスを可能にしている。

・オケージョン提案とリスク解決
 コカコーラは、飲食店で買うと25セント、暑い日にのどがからからで最寄の自販機で買うと200円。消費者は便利さに700%のプレミアムを払う。そして、そこからブランド体験が作られ、イメージが作られる。アップストリームではなく、ダウンストリームなのだ。
 ヒュンダイは、車自体のイノベーションをせずに、顧客の不安を解消して大きくセールスを伸ばした。失業した時の免除や、長期の故障保障をつけることで、車をもつことによる維持費への不安を解消した。

・データ収集とデータ活用
 鉱山爆薬は一見コモディティのため、業者は敢えてプレミアム価格を払わないが、業者の最大の懸念は爆破での事故だった。オリカは、爆破のデータを集めて、危険性を予測できるようにした。 Facebookも初期に、いろいろ友人からのフィードバックを受けて、ザッカーバーグがサイトを最適化してたし、ZARAの話もそうだけど、走らせながら直していくというアプローチがやはり主流になりそうだ。



まとめてしまえば、上流より下流の方が大事だから、競合の新製品に毎回おびえる必要はない。むしろ、同じ商品であっても、購入基準をずらし、イメージを作り出したり、ネットワーク効果やデータを活用した高速PDCA、オケージョン提案やリスク解決といった下流の働きが大事だと言うこと。
 

レンタル掲示板
/74